【子供っぽい】アスペルガー彼氏の特徴。積極奇異型の彼は子供そのもの。

どうも、こんにちは、ちくわです^^

本日のブログはちくわの彼氏の特性の1つ幼児性が抜けず子どもっぽい部分について書いてみたいと思います。

ちなみにちくわの彼はアスペルガー症候群積極奇異型です。
【アスペルガー彼氏】同棲をはじめて1年。積極奇異型の彼について。

本人にも自覚があるタイプです。

同棲してみて分かった、幼児性が抜けない部分の特性として具体的には

◆子どもみたいに甘えてくる
◆一方的におしゃべりをしてしまう
◆同じことを何度も何度も口にしてしまう

が見られます。

アスペルガーの彼は、いつも甘えたさんで、家にいるときは本当に少年のようです。笑

自分と関係が「近い」人ほど特性が出やすい

アスペルガー症候群積極奇異型は対人コミュニケーションが近すぎる=誰に対しても馴れ馴れしすぎる傾向があると言われています。

ちくわの彼は、アスペルガーのグレーゾーン(黒が濃いめ。笑)ですが、初めて会った人や、関係がそこまで近すぎない人には特性は出にくいようです。

それは、今までの経験の中で、初対面の人に馴れ馴れしくしてはいけないという経験を得たからだと思われます。

しかし、自分の家族や、もちろん彼女のちくわなど自分と関係の近い人に対してはその特性が出やすいようで「ずばばばばばばば」っと自分が喋りたいことを話続けてしまうこともあります。

気を許してくれているがゆえに「素」が出ることは嬉しいですし、私も話を聞くことも好きなので元気な時は「うん、うん」と話を聞くこともあります。

たまに赤ちゃんか!?くらい甘えてくることもあります。

しかし、疲れているときはそうも言ってられません。笑

付き合うときは付き合ってあげて、軽く受け流すこともお互いが上手くいく秘訣です。

自分の中で、流行りの言葉がある。今のブームは「かわちょ」

同じことを何度も言い続けてしまう積極奇異型の彼ですが、その時期ごとに繰り返して言ってしまう彼なりの「マイブームの言葉」があるようです。笑

ちなみに

今の、流行りは「かわちょ」

かわちょ=可愛そう!! という意味。(流行りの言葉にも幼児性が出まくってます。笑)

例えば「俺、テレビつけたのに、見たい番組やってなくて、かわちょ」「仕事明日大変で、かわちょ」「俺、かわちょ過ぎひん??」「なーなー、俺かわちょやんな?」

実際、そんなにかわいそうなことでなくても口を開けば「かわちょ」「かわちょ」

ちなみにかわちょブームは結構長く続いているので、彼の中で次は何が流行るか、楽しみです。笑

ちなみに、かわちょの前は「ぱお!!」でした。笑

あれだけ、「ぱお、ぱお」言っていたのに今は一切言いません。笑

場所やシーンを問わず大きな声を出しちゃう

「ぱお」やら「かわちょ」やら、言葉に幼児性が抜けないのも特性の1つですが、場所やシーンを問わず、大きな声で言葉を発してしまうこともあります。

よく小さな男の子が、走り回って、突然大きな声で意味のないことを言っちゃうことありますよね?

それと全く一緒。笑

これは、空気を読むのが難しいアスペルガーの特徴が出ている例だと思います。

きっと何かの衝動に駆られてしまうのでしょう。

まとめ

アスペルガーの彼は、一緒に生活する中で幼児性が抜けない部分が多いがゆえに「かわいい」と思う反面「わずらわしい」と思うこともあります。

今の解決策としては、適度に付き合い、適度に受け流すことが仲良しのための秘訣。

まぁ、男性なんて一生子供みたいなものですから、温かく見守りましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)