【全豪オープン観戦記:航空券】手配方法、値段、機内食は?

本日はのブログは全豪オープンに行った際の航空券(飛行機チケットの手配)についてです。

実際にちくわが全豪オープン観戦を終えてみて思ったこと。

それは、ホテルよりも、チケットよりも、まず何よりも1番最初に動くべきなのが航空券だということでした。(もちろん、ホテル予約は比較的早くしたいところですが、テニス観戦チケットはまだまだ後でOK!!むしろ前日の方がいいくらい)

全豪オープンの時期は、世界中の人たちが一斉にメルボルンに集まるため、飛行機の座席がとにかく早く埋まってしまうことにビックリしました。

実際、1月末に開催される全豪オープンですが、10月の秋ごろには徐々に飛行機が埋まりつつありましたよ。

旅行会社のパックプランではなく、ご自身で航空券を予約しようと考えられている方は、5か月前くらいから計画・予約をするのがベストだと思います!

ちなみにホテルについては
【全豪オープン観戦記:ホテル】宿泊先~リッチモンドヒルホテル~感想

テニス観戦チケットについては
【全豪オープン観戦チケット】簡単理解!~種類は3つ&購入タイミング~

【全豪オープン観戦チケット】簡単理解!購入方法3サイトの使い分け

【全豪オープン観戦チケット】実際にかかったチケット代公開
も合わせてお読みくださいね♪

では全豪オープンにおける飛行機チケットについての体験談、行ってみましょう~♪

飛行機チケットの手配サイトはどこでやった?

海外経験0のちくわはお恥ずかしながら、飛行機搭乗経験もほとんどなく「そもそもどうやって手配すればいいんだ…」と途方に暮れました。m(_ _)m

ネットでもいろいろ調べましたが、情報量が多く、どれを選べばイマイチ分からない…涙

そこで飛行機チケットの手配については海外旅行豊富な知り合いにおススメを聞くことに。

すると以下のサイトを進められました

 

 

海外格安航空券【Surpr!ce】 その海外旅行大好きな知り合いによると、海外旅行の際はいつもこのサイトを利用しているらしく

◆価格が安い
◆メールで連絡がマメにきて親切

とのことでした。

よって、飛行機のチケットは知り合いのおススメ通り【Surpr!ce】で予約することに決定(^_^)

最初は「格安旅行券って…大丈夫か!?」と不安でしたが、やり方も非常に簡単で、超初心者のちくわでも、ちゃんと予約することが出来ました♪

また知り合いの情報通り、マメに連絡がくることも、GOODポイントの1つ。

例えば…

◆クレジットカードから現金の引き落としが完了しました

◆チケットが登録されたのでeチケットを印刷してください

◆当日です、いってらっしゃい!

など細かく連絡が入ります。

ちなみに追記ですが…オーストラリアに入国するにはEATSと呼ばれる電子ビザが必要です!(ちくわは最初(?_?)となりました。笑)

【Surpr!ce】からのメールにEATS申請(電子ビザ)はお済ですか?と入り、初めて気づきました。

ちなみに、EATSビザ申請には、いくつかやり方があるらしいのですが、ちくわは

【Surpr!ce】からのお知らせメールに申請先URL(オーストラリア大使館)が張り付けられていたので自力でアクセスしてEATSを申請しました。

EATS申請には代行もあるみたいですが、私はやってみてそこまで難しくなかったので自分でやってみることをお勧めします^^

ちなみに時期が近づくと【Surpr!ce】のマイページにeチケットレシートというものがUPされます。

それを印刷して空港に持参してくださいね^^

【eチケットを実際に印刷したもの】☟

このeチケットレシートの印刷とパスポートを、搭乗カウンターに持っていくと、きちんと搭乗券を発券してくれました。(一安心♡)

【発券された実際の搭乗チケット】☟

オーストラリアメルボルンへのフライト経路は?

全豪オープンは、オーストラリアのメルボルンという都市で開催されるため、まずは日本からメルボルン空港へ行かねばなりません。

ちなみにちくわは大阪在住なのですが、実は関西国際空港からメルボルンへの直行便は出ていないのです。涙

よって、大阪から新幹線で東京へ行き

成田空港→メルボルン空港と直行で行くのが楽なのですが調べると希望する時間に合わず、さらに直行便は値段が高い…(><)

———————————————————

大阪在住のちくわが
成田空港からメルボルン空港への直行便で
行った場合の料金イメージ

新大阪駅→成田空港間[新幹線&電車]
¥15000


■成田空港→メルボルン空港[飛行機]
¥60000

片道¥75000 往復料金 15万円

———————————————————

迷いに迷った結果…

お値段もそこそこお値打ちで、かつ自分の希望時間にも合う

関西国際空港→上海空港
上海空港→メルボルン空港
の経由便を選びました

———————————————————

大阪在住のちくわが
関西国際空港からメルボルン空港への経由便で
行った場合の実際料金
 
■梅田駅→関西国際空港[バス]
¥1500 


■関西国際空港→(上海空港)→メルボルン空港[飛行機]
¥48085 

片道¥49585 往復 99170円(約10万円)

———————————————————-

参考にちくわが選んだ、実際のフライトスケジュールは

関西国際空港【1月14日(日)19時30分発】
→上海空港【1月14 日(日)21時15分着】

(約2時間45分搭乗)

上海空港にて待ち時間
(約2時間待ち)

上海空港【1月15日(月)0時20分発】
→メルボルン空港【1月15日(月)14時05分着】

(約10時間45分搭乗)

合計約16時間

成田空港からメルボルン空港への直行便は、約10時間の搭乗なので、経由便にすることで、約3~4時間ほどプラスで時間はかかりますが

価格は約5万円ほど節約できました
(◎^▽^◎)

中国東方航空の機内食レポ

ちくわが乗った上海空港経由の飛行機は、中国東方航空という中国の飛行機で正直対応もかなり悪かったです。

搭乗員の態度が冷たい…。

また、経由到着の際は、空港の表記がすべて中国語だったため手続きにかなり苦戦しました(><)

また機内食も、中国のものだったため食べれはするもののあんまり美味しいものではありませんでした(飲み物もぬるかったし…)

【機内食の実際の写真】☟

味の濃い、なんとも言えないオイスターソース風味の焼きそばの様なものです(美味しくない。笑)さらに冷えていないスイカがデザートについてきました。

そんな中、生のサーモンがのったサラダ(もちろん冷えてない。←大丈夫か!?となった。笑)

よって、フライトルートはお金と時間の相談といったところでしょうか?笑

ちくわがもう一度全豪オープンに行くのであれば、お金が少々高くても、時間さえ合えば絶対成田空港からの直行便を選ぶことでしょう…(^◇^;)

飛行機の手配はいつ頃にするべき?

冒頭でも少し紹介しましたが、全豪オープン開催時期は観戦希望の人で飛行機もいっぱいになるためなるべく早く手配しておいた方が良いです。

ちなみにちくわは実際に、1月開催の全豪オープンへの飛行機チケットを10月頃に手配しました。

余裕をもって手配したつもりでしたが、かなり座席も埋まりつつあり、何とか間に合ったというところでした。

余裕がある方はもう少し早く手配したほうが絶対安全です!!

全豪オープン飛行機チケット手配のまとめ

ちくわがもし再度、全豪オープン行きの飛行機チケットを手配するならば…

飛行機手配は早めにする!(全豪オープンは1月中旬なので9月くらいには手配しておくと安心)

Surpr!ceはGOOD(安いし、簡単に予約出来たし、絶対次も利用する!)

少々値段が高くても成田空港からメルボルン空港への直行便を手配する(経由便の待機時間は超辛い。そして、中国の機内食はまずかった)

というところでしょうか^^

もし良ければ是非参考にしてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)