【全米オープンテニス2019】チケットを購入するおススメタイミング

みなさんこんばんは。
現役ウエディングプランナーのちくわです。

今日は全米オープン2019を実際に現地で観戦したちくわが【チケットを購入するおススメのタイミング】をお伝えしたいと思います。

ちくわも、チケットに関しては「日本で購入していくべきか」「それとも現地に行ってから購入していくべきか」とても悩みました。

先に結論ですが、全米オープンのチケットは「現地に行ってから購入出来ます」むしろお目当ての選手がいる場合は「現地に行ってから購入すべき」です!!

理由①試合スケジュールが発表されるのは前日

どの選手が、どのコートで試合になるのかは「前日の15時頃」にネットで発表されていました。ちなみに、USオープン用のアプリを日本で是非ダウンロードしていってください。そこでチケットも購入出来ますし、試合スケジュールもUPされるので便利です。

詳しくはこちらのブログ【全米オープンチケットの種類解説】を読んでいただければと思いますが、全米オープンは昼のチケット(Dayチケット)と夜のチケット(Nightチケット)に分かれているため、日本で勘で昼のチケットを購入していたとしても、お目当ての選手が夜の試合に組まれてしまうと、試合を観戦することが出来ません。

「もし勘が外れたら夜のチケットも買えばいいじゃん」と言えば、それもそうなのですが、全米オープンのチケットは結構高いです(汗) ちなみに、ちくわが観戦した、全米オープン1回戦のNightチケットは8万円ほどしました。笑 お金がたくさんあれば問題ないのですが、節約できるところは切り詰めたいですもんね♪

理由②観戦シートが多いからすぐに埋まらない

ちくわは2018年に全豪(オーストラリア)オープンを観戦したのですが、それに比べると全米オープンはスケールが大きく、観戦シートもたくさんあります。よって、1回戦~3回戦くらいであれば、満席になってチケットがとれないことはありませんでした。よって、観戦日前日にしっかりと考えて、チケットを購入しても全然遅くないです!

理由③雨の場合は払い戻しがない

雨が降っても観戦できるコートは、1番大きいアーサー・アッシュ・スタジアムと2番目に大きいルイ・アーム・スタジアムのみです。3番目に大きいグランドスタンドコートや、その他野外コートには屋根がないため、雨の場合は中止になってしまいます。

よって、現地でのお天気によって観戦チケットを考え、購入するのも1つの手かと思います。実際、ちくわは5日間のうち、1日だけ雨が降りました。その日は雨の予報を確認していたため、アーサー・アッシュ・スタジアムのチケットをしっかり購入して、テニス観戦をすることが出来ました。

~番外編~全米オープン会場でのチケット売り場での購入はNG

観戦チケットは必ず前日にネット購入しておきましょう。

ちなみに、ちくわ達は5日目に大失敗をしました。「せっかくだから、会場のチケット売り場で購入してみよう」とネット購入せずに現地に行ったところ……。ルイ・アーム・スタジアムの値段はめちゃくちゃ高い席のチケットしか販売していませんでした。(他は売り切れ。入場券も販売していない。)

その日は、錦織圭がグランドスタンドで試合をする予定で、ちくわ的には、入場券だけの購入で良かったのですが、その高いチケットを買うほかありませんでした。すかさずネット購入をしようと、サイトにアクセスしても、アクセスが集中し過ぎて、サイトが動かず…。

よく見ると周りにはチケットを購入出来ず、携帯とにらめっこしている人であふれていました。仕方なく私たちは、錦織を見るために、その激高いチケットを現金で購入し中に入りました。

NYに行ってからチケットを購入することは強くおススメはしますが、必ず前日までにはネットでしっかり購入しておいてくださいね。

以上、全米オープンチケットの購入おススメタイミングでした^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)