【最高です】仏滅に結婚式をすべき4つの理由


こんにちは
現役ウエディングプランナーのちくわです。
本日のブログは

結婚式をあえて「仏滅」にあげる魅力について

皆さん結婚式の日程を決めるうえで
まず何を重視しますか?
もちろんカップルによってさまざまですが
希望の月
(「〇月に挙げたい~」)の次に
だいたいの方が着目するのが
「お日柄」です

六輝(ろっき)と言われるものがあり
6種類のお日柄が
同じルーティンでやってきます

簡単に六輝を説明すると…

~六輝解説~

◆大安(たいあん)
→結婚式には1番GOOD

◆友引(ともびき)
→結婚式には2番目にGOOD

◆先勝(さきがち)
→午前がGOOD、午後がBAD

◆先負(さきまけ)
→午前がBAD、午後はGOOD

◆赤口(しゃっこう)
→午前11時~午後1時までの間ならGOOD、
その他はBAD

◆仏滅(ぶつめつ)
→結婚式には原則向かないとされる

簡単に言うとこんな感じ

会場見学にいらっしゃる方に
「お日柄は気にされますか?」の質問に

「仏滅以外なら…」という方も

多いんですよね

ただ、何となく良いお日柄がいいのかなぁと
安易に決めてはもったいない!!!

私がプランナーをはじめた8年前なら
日柄はかなりこだわる方が
多い印象でしたが
今はあまりこだわらない方も増えました

では、あえて仏滅にすることで
どんな素敵ポイントがあるか解説していきます

人気が無い分割引がある

正直あえて仏滅を
選び好む方はいらっしゃいません。

しかし、その分

式場側としても
少々割引をしてでも
その日程を埋めたいんですよね

会場によっても違うかと思いますが

多くの式場で仏滅割引があります

私の式場でも
やはり仏滅は少しお安くすることが可能です
会場のプランによっては
数万円かもしれませんが
ちりも積もれば山となる!

嬉しい割引に違いはありませんよね

人気のドレスも空きがある

会場選びも日程が早い者勝ちなのと一緒で
ドレスもやはり
早い者勝ちの世界!

特に
人気の秋のシーズン
日柄も大安で良い
となると、その日に結婚式をする花嫁も
多いわけなのです

逆に言うと
仏滅は、その日に結婚式をする人が
少ない分人気のドレスも空きが見込めます

花嫁にとってドレスはやはり重要ポイント
特に季節が良いシーズンに
結婚式を検討されている方にはおススメです

人気の二次会会場も空いている

ドレスと一緒で
二次会会場も仏滅だと空きが見込めます
結婚式の日程が決まっても
その後の二次会会場を抑えることが出来ないと
本末転倒!!
二次会の成功あっての
結婚式の一日だと思いますので
かなりおススメですよ

スタッフの人員も見込める

これは式場側の話ですが
ブライダルシーズンの大安なんて
結婚式が多すぎて
正直スタッフが欠員気味。
どこの式場も残念ながら
ぎりぎりでまわしているのが本音です

しかし

仏滅は
スタッフの人員もしっかり確保できるため
ゲストへのおもてなしも
手厚くできます!!

どれだけ素敵な結婚式場でも
そこのスタッフのホスピタリティで
ゲストの「いい結婚式だった」の
印象が変わるのは否めません

スタッフにとっても
余裕のある日を選ぶことで
ゆったりとした
おもてなしが行き届いた
ウエディングが叶いますよ

いかがでしょうか?

もちろんお日柄は
親御様のご意見等もあるかもしれません
しかしそこがクリアできれば

仏滅はとてもお得に素敵に結婚式が
叶うこと間違いなし!

是非一度ご検討ください

本日もお読みいただき
ありがとうございました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)