【絶対値切るな!】安くなった分だけあなたの結婚式がダメになる理由


現役ウエディングプランナーのちくわです。

今日のブログは

いい結婚式をあげたいなら、
値切るな絶対!

という話題。

皆さん、結婚式の費用って
いくらくらいになるか分かりますか?

端的に言います!!

人数×5~6万円が相場です。

(60名の結婚式だと 60名×5万=300万 ということ)
ご祝儀でいくらか返ってくるとはいえ
何とも高額なお買いものですよね。

すると、人の心理としては…
「出来るだけ安くしたい。
結婚式の費用、何とか値切れないかなぁ…」
と思うのは当然だと思います。

結婚を決めたカップルは
結婚式だけでなく、新居準備や
新婚旅行にもお金はかかってきますからね。

では、式場スタッフに対して、
値切り交渉をすることが、
結果的にお得になるのか?

私は、はっきり言います!!

値切った分だけ、
いや、値切った料金以上に、
あなたは損してしまいます!!

私は今ウエディングプランナーの
仕事をしていますが
特に土日はたくさんの新規接客
(会場案内や見積もり提示をして契約するかどうかの接客)
を担当します。

その中で、新郎(男)が新婦(女)に
いいところを見せようとしているのか分かりませんが
強気で、無茶な、長時間に及ぶ
値切り交渉をしてくるケースも少なくないのです。

先ほども述べましたが、
結果、数十万円安くなったとしても、
それは浅はか過ぎる、ぬか喜び。

値切ったカップルは、値切っただけ、
数十万円以上の価値を失ったのです。

では、なぜ、結婚式の費用は
値切ってはいけないのか?
私が思うその理由を紐解きたいと思います。

結婚式300万 新車300万 何が違うの?


例えば、結婚式を1つの商品だと仮定
しましょう。

◆1結婚式=300万円
◆1新車=300万円

同じお値段300万円

結婚式と新車。同じ値段の高額商品。

仮にあなたは今、
300万円の車を購入直前です。
・「これってもう少し安くできないの?」
・「今日決めるから、カーナビ付けてよ」
・「○○さんの誠意見せてよ」

長時間に及ぶ値切り交渉の末
300万円の車が
カーナビ付きで250万円で手に入りました。
(50万円お得+カーナビという付加価値までGET♪)
(安くなったとはいえ、傷が入る・燃費が落ちるなどの
パフォーマンスも変わらない♪)

車の場合は、その後担当者とのやり取りが
少しはあるものの
これで終わり。

自分の欲しかった新車が、とってもお得に手に入ったのです。

一方結婚式はどうでしょうか?
あなたは今、会場見学をし終え、
「この会場で結婚式がしたい!」
という場面です。
(結婚式という商品を、この会場で買いたいということですね)

300万円のお見積りを提示され、契約間近。
どうにか安くしたいという気持ちから、
ウエディングプランナーに値切り交渉をスタート。
・「この端数って切れないの?」
・「今日決めるから、会場費サービスしてよ」
・「チャペルが気に入らない(本当はそうではないのに)のに決めてあげるんだから」
・「○○さんの誠意見せてよ!!!」

「これ以上のお値引は難しいです…」
という、困惑したプランナーに対し
長時間に及ぶ値切り交渉…

結果、いろんな割引が付いて
300万円の結婚式が250万円になりました。
自分のあげたかった式場で叶える結婚式が、
お得に手に入ったのです。

しかし、自分たちが買った(契約した)
「結婚式」という商品は、
車のようにすぐに手に入るのでしょうか?

ウエディングプランナーの関係は、
買ったらこれで終わりなのでしょうか?

そうなのです。
結婚式という商品は車と比べて

・買ってすぐに手に入らず
・ウエディングプランナーと共に作り上げていくもの

すなわち、結婚式とは

当日迎えてはじめて手に入れることが
できるもの商品
であり
いい結婚式を手に入れるためには、
ウエディングプランナーの力が不可欠な商品なのです。

ウエディングプランナーと新郎新婦の関係

ウエディングプランナーは
契約時、むやみやたらに
値切ってきたカップルに対して

「最高の結婚式をプランニングしよう!!」と思うでしょうか?

プランナーが半泣きになっているにも関わらず、
強気で傲慢に値切ってきたカップルに対して
「全力で寄り添っていこう!!」
と思うでしょうか?

私は接客時、ありえない値切りカップルに出会い
その末契約をいただくこともあります。

また、対照的に
「ちくわさんと一緒に結婚式を創りたい!」と
私を信じ、私の仕事に価値を見出し、
ご契約してくださるカップルもいます。

私はプロですので、もちろんすべてのお客様に対して
しっかりプランニングをします。

しかし、ウエディングのプロである前に、
ひとりの人間です。

・「安くしろ、おまけしろ」と
さんざん言ってきた末に契約になったカップル
・「ちくわさんと一緒に結婚式を創りたい」
とおっしゃってくださり契約になったカップル

どちらのために一生懸命になりたいと思うのか?
結果は明白です。

結婚式という商品は
カップルとウエディングプランナーが
作る商品だとお伝えしました。

つまり、見積もり上には見えない

ウエディングプランナーの+αの想い
(このカップルのために最高の結婚式にしたい!
という気持ち)こそが
自分自身を突き動かし
決してカップルにお願いされていなくても
「この人たちのためなら!!」と
ついつい一生懸命になってしまうのです。

その小さな想いの積み重ねが
何倍にも何十倍にも、
何百倍にも、結婚式の質をあげ

小手先で値切った数十万円以上に
大きな大きな価値があると
私は実感しています。

値段以上のいい結婚式を創るためのコツ
だからこそ、声を大にして言いたい!

結婚式を考えられている
ブログをご覧くださっている皆様。

どうかウエディングプランナーと
いい関係を築いてください。

いい関係とは、
媚びへつらうという意味ではありません。

対等に誠実に。

「いい結婚式をつくる」という
同じ目標に向かって走ってほしいのです。

小さいことですが
まずはお打合せをしてくれる担当プランナーへ
「今日もよろしくお願いしますね
」と笑顔で言ってみましょう!

その一言が「あ、このカップルのために
今日も全力で頑張るぞ」と
気持ちよくお打合せがスタートできます。

ウエディングプランナーのやる気・想いこそが
あなたの結婚式はよりよりものになります。

それは、何十万円にも変えがたいものだと、
私が必ず保障します!!
だからこそ、結婚式の費用は値切るな!

皆様の結婚式が、お値段以上の最高の結婚式になりますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)