リンクビーの評判は?特徴や利用者の声をまとめてみた。

リンクビーって発達障がい者専門の就業サポートをしているって聞いたけど…。

 

ちくわ
その通りです。

リンクビー(LinkBe)は、発達障がいの人だけに専門特化した就労移行支援を行っています。

 

私の夫は、発達障がい(アスペルガー症候群・ADHD)が原因で、3回退職しています。

なぜなら「向いていない仕事」を選んでしまっていたからです。

発達障がい者が上手く就労するためには、自身の特性を見つめなおし、自分に合った仕事を選ぶ必要があります。

しかし、発達障がいを持つ人が、自分に合う、自分を受け入れてくれる職場をひとりで探すのはかなり難しい。

そこで、あなたの再就職を一緒に全面サポートしてくれるのが、このリンクビーなのです。

質問者

専門特化しているのは何だか心強い…。

でも実際どんな風に就職をサポートしてくれるの?

評判も気になるなぁ…。

【この記事に書いてあること】
〇リンクビー(LinkBe)の特徴
〇リンクビー(LinkBe)の評判

発達障がいが原因で、就職や就労に支障がある事例はたくさんあり、パターンも様々です。

なぜなら、発達障がいと一口に言っても、特性の表れ方や程度は100人いれば100通りだからです。

リンクビーは、見学時に無料で相談に乗ってくれる時間を取ってくれます。

就業支援員が不安に思っていることなどお話を聞いてくれます。

利用者の90%が再就職しているリンクビー。

あなたにぴったりの会社が見つかります。

職場定着率90%!発達障害専門の就労移行支援【リンクビー】

リンクビー(LinkBe)の特徴

以下リンクビーの特徴について説明します。

リンクビー(LinkBe)は発達障がい者専門の就労移行支援

リンクビー(LinkBe)は、自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD、LDなど、様々な発達障がいの方を対象に、就労移行支援を行っています。

スタッフ全員が発達障がいの特性・課題を深く理解しているので、個人の発達障がいの特性に合わせた就労支援を行ってくれます。

質問者
実際にどんな就労サポートをしてくれるの?

実践的な職業トレーニング
実際の職場を設定して、シミュレーションをします。
シミュレーションの中で、自身の得意・不得意と向き合って仕事にいかせるようにトレーニングします。

②コミュニケーションスキルの向上
働く上で求められるコミュニケーション、例えば、挨拶や休憩中の会話などをシミュレーションしながら身に着けていきます。

③多方面への企業ネットワーク
リンクビーは障がい者の就職支援実績全国1位です。
就職業種は、SEや事務職など幅広く、発達障がいについて理解している会社を斡旋してくれます。

④就職後のサポートも充実
就職して終わりではなく、定期的に就職先の職業訪問や面談も実施しています。
就職してからも悩みを聞いてくれたり、職場との間をつなぐサポートをしてくれます。

ちくわ

夫もそうですが、発達障がいの人は「初めてのシチュエーション」にとても弱い傾向にあります。

リンクビーでは、実際の職場を想定しトレーニングをしてくれるので、就職後よりスムーズに仕事に慣れることができるのですね。

リンクビー(LinkBe)利用までの流れ

質問者
リンクビーって発達障がい者に心強い場所なんだな。

実際利用するまで、どんな流れになるんだろう?

①見学予約
【リンクビー】公式HP上の「見学・相談・お問い合わせフォーム」から予約をします。
その後、リンクビーより見学日時を調節の上、連絡がきます。

②見学
実際のトレーニングの様子などが見学でき、就業支援員が無料で相談にのってくれる時間を取ってくれます。

③個別面談
疑問や不安に思っていること、前の職場で言われたことなどを就業支援員が聞いてくれます。
やってみたい仕事がある方は、遠慮なく相談できる場所です。

④受給者証の発行
各お住まいの市町村で受給者証の発行を行います。
発行までもスタッフがサポートしてくれるので難しく考える必要はありません。

⑤利用開始
リンクビーで、就労サポートがはじまります。
利用についての料金ですが、現在の収入によって自己負担が発生することがあります。
ただ、現在リンクビー利用者の9割の方が無料で利用している現状です。

ちくわ
見学~体験入所までは全員が無料です。

また入所後、費用がかかったとしても、各市町村によって一部支援してくれる制度があります。

一度確認をしてみましょう。

【リンクビー(LinkBe)の場所】

2020年現在、リンクビーの事業所は東京に2つ、大阪に1つです。

〇リンクビー大手町
〇リンクビー秋葉原
〇リンクビー大阪(大阪の梅田にあります)

リンクビー(LinkBe)の評判

リンクビーの評判について、実際の利用者の体験や感想からまとめました。

リンクビー(LinkBe)を利用した人のインタビューと学ぶ人の声

【就職成功者Aさん(広汎性発達障がい、ADHD)のインタビュー】

夫と同じく、Aさんも前職で働いていた時には、自身が発達障がいだとは気づいていなかったそうです。

【どんなに頑張っても60点しかとれない】

前職は広告代理店で営業を担当していました。
しかし「明日TELします」とお客さんに伝えてもなぜか忘れてしまう。
どんなに頑張っても100点満点中60点しか取れないような感じ。
今となっては分かりますが、発達障がいの人にとって、営業は向いていない仕事の一つと言われるようです。
なぜなら仕事上、マルチタスクが多いからです。
今では分かりますが、シングルタスクしかできない発達障がいの私にとって、毎日20~30件もto doがある当時の仕事は非常に困難だったんですね。

リンクビーのトレーニングは充実していました。
PCスキルやビジネスマナーのほか、企業向けプレゼンなども経験できました。
また、コミュニケーションについても勉強になりました。
特性上、ストレートな物言いをしてしまうことが多かったのですが、適切に指導してくれました。

障がい者として入社したのは今回が初めてでしたが、今の会社は障がいにとても理解があります。
現在の仕事は封入や入力がメインです。
一つの仕事が終わったらその次の仕事をやる、という感じなので、それほど複雑ではありませんし混乱することはありません。
会社が障がいに理解があるというのは、評価の面でも感じています。
特性を理解した上で、頑張りを認めてくれ「自分がやってきたことは間違っていなかったんだ」と実感できています。

今後は、発達障がいの後輩に自分の経験を伝えていきたいと考えています。
前向きで素直な後輩ばかりですが、特性からかミスをすることが多く、もっとこうすれば良いのにと思うことも少なくありません。
そんな彼らに、いろんな失敗をし、失敗しないように何重もの対策をリンクビーでしてきた自分の経験を伝えていきたいですね。

リンクビーHP参照

 

【卒業生Nさん(アスペルガー症候群)の学ぶ人の声】

リンクビーのHPには、リンクビーブログ「学ぶ人たち」というページが掲載されています。

実際にリンクビーを利用した人達の生の声を知ることが出来ます。

以下、最新のものを抜粋して紹介します。

卒業生Nさん(30代・アスペルガー症候群)

通所13か月 専門コンサルタント企業に就職

約16年間、一般枠の様々な場所で働いてはみたものの、集団に馴染むことができずに失敗を繰り返し続け、思い悩み続けていました。
そんな姿を見かねた母より心療内科の受診を薦められ、そこで発達障害の診断が下った時、内心で安心感よりも今後の人生に対する不安が勝っていました。

退職後、今一度自分を見つめなおす時間と場所が必要だと思い、リンクビー大手町の門をたたきました。
不安と緊張感で一杯の中での体験入所中に、ある職員の方から「ゆっくりやっていこう」と優しい笑顔と言葉を頂いた時、ふっと解放されたことを今でも覚えています。

通所の日々を過ごしていく中で、自分の今までの失敗の原因が「思い通りにならないと気が済まない」特性であることに気づく事ができ、それ以降、人からの意見を聞く為に私の口癖は「~だと思うんだけどどうだろう?」になりました。

そして昨年の秋頃、就職活動を開始。
活動内容自体は学生時代に経験しているので、程よい緊張感の中で進めることが出来ました。
ただ以前と違うことは、周囲と連携しつつ焦らずに一つ一つのステップに時間をかけて行うことを心掛けた事です。

そして今、一年前とは劇的に変化した環境の中でこの記事を書いています。
入所前には想像できない位様々な事が自分の内外で変化しました。「焦らずに、いつも通りをいつも通りに」を心がけ、周囲の言葉に耳を傾けて行動できるようになったのです。

ここまでサポートして頂いたリンクビーの職員の皆さん有難うございました。

そしてこのブログを読まれた皆さん。
リンクビーはお互いを見つめ直し、一緒に前に進む事ができる場所です。
そして誰もが「焦らずに、いつも通りをいつも通りに」できる人になれると私は思います。

リンクビーHP参照

リンクビーHPのブログでは、月1ペースで実際に学ぶ人達の声がUPされています。

その人達の発達障がいの特性も記載されているので、もっと多くの方の声を読んでみたい方は、HPの【リンクビー】ブログ「学ぶ人たち」をご覧ください。

自分の特性に似た人が、どんな風に再就職の切符を手に入れているのかが分かりますよ。

リンクビー(LinkBe)のメリット・デメリット

質問者
一度見学だけでも行ってみようかな…。

ちなみにリンクビーの良さは何となく分かったんだけど、デメリットってあるの?

アスペ夫
ここからは、俺が紹介するよ!

ちなみに俺はアスペルガー症候群積極奇異型とADHDの併発タイプ。

もう一度メリットも合わせておさらいするね!

✓メリット

やっぱり1番は、発達障がい者だけを「専門」としているところだね!

前述したとおり、リンクビーは発達障がいの人に専門特化した就労移行支援所です。

考えてみてください。

就職という目的が同じだとしても、身体障がい、知的障がい、精神障がいの方サポート法が同じで良い訳がありませんよね。

発達障がいの課題を正しく掴み、適切にサポートしてくれるのが、リンクビーの最大のメリットです。

確かに、発達障がいでも色んなタイプがいるもんね。

俺はアスペルガーの積極奇異型だけど、受動型の奴とは全く特性が違うもんな。

リンクビーには、発達障がい専門の就職アドバイザーが在籍しています。

実際の職場に近いシミュレーションが用意されているため、その中でプロが、特性を的確にとらえ、得意・不得意をハッキリさせてくれます。

つまりより、適切な職業を浮かび上がらせることが可能なんですね。

アスペ夫
そういえば、実績があるのも安心だね!

リンクビーの職場定着率は90%



実績はさることながら、発達障がいに理解があり、雇用を積極的に行っている企業と多数ネットワークがあるからこその数字なんですね。

まぁ90%と言っても、残りの10%は定職できないってことは、そいつの頑張り次第なんだけどね。

(アスペルガーゆえのハッキリした特性が出てます)

 

リンクビーのメリットまとめ
〇発達障がいに特化している
〇専門のアドバイザーが最適な職業に導いてくれる
〇職場定着率が90%!実績もある

✓デメリット

アスペ夫
そういや、リンクビーって東京と大阪にしかないんだ…。俺は大阪だから通えるけど…。

リンクビーは現在、東京に2つ・大阪に1つしか事業所がありません。

入所後は、定期的に事業所に通わないといけないので、無理なく通えるか検討する必要があります。

アスペ夫
料金は無料なことが多いってことだけど、その他かかる料金はないの?

リンクビーでは、交通費と昼食代は実費となります。

入所中は無職の方がほとんどでしょうから、少しでもお金は節約したいところ。

お弁当などを持参するといいでしょう。

リンクビーのデメリットまとめ
〇事業所が少ない
〇交通費と昼食代は実費

事業所は少ないものの、東京は大手町と秋葉原・大阪は梅田とアクセスしやすい場所にあります。

大人の発達障がいは、現在とても注目されていますから、今後需要が増えれば、事業所も増えていくかもしれませんね。

まずは、見学に行ける場所かどうか【リンクビー】HPで確認してみましょう。

まとめ:リンクビー(LinkBe)は評判がよい就業サポート所

リンクビーの評判は非常に良い就業サポート所です。

リンクビー良い評判まとめ
〇支援員の方が親切で丁寧。就労以外の相談ものってくれる。
〇報連相など仕事に必要なコミュニケーションスキルを学ぶことが出来た。
〇自分の特性への自己理解が深まった。
〇出来ないと思っていたことも訓練で出来るようになった。

公式HP参照

ただし、自分に合う・合わないが大事なポイントなので、まずは見学をし、就業支援員とお話しするのが良いです。

私の夫は、アスペルガー症候群+ADHDの特性を持ち合わせており、昔は飲食店のホールスタッフとして働いていました。

マルチタスクが苦手な夫は、注文をとってる間に、違うお客様に呼ばれ、同時にキッチンから料理が出来上がった時にはよくパニックを起こしてしまっていたのです。

現在は「シングルタスクなら出来る」「ハッキリ物を言ってしまう特性」「運動能力」を活かし、毒舌テニスコーチとして、生き生きと働いています。

無理なく楽しく働いている夫を見ていると、いかに発達障がいの人が自分に合った仕事に就くことが大切か実感しています。

発達障がい者も、いきいきと笑顔で働ける職場っていいですよね。

発達障害の方の「自分らしく働く」を徹底サポート【リンクビー】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)