【全豪オープンテニス観戦記】会場販売の食べ物・飲み物、その価格は?

ちくわ
こんにちは!当ブログ管理人、テニス大好きちくわです!
どうも!ちくわの夫、ふーしゃんです!フリーの現役テニスコーチをしています!よろしくな!

今回のブログは、全豪オープンテニスに行ってきたちくわが、会場で販売されている食べ物・飲み物について書いていきたいと思います。

旅先で楽しみなのは、やっぱりですよね!

ちなみにですが、オーストラリアの物価はめちゃくちゃ高い!

よって、だいたいの価格も合わせてレポートしていきたいと思います。

会場内の販売の様子

全豪オープンの会場は、お祭りのようで至る所で食べ物や飲み物が購入出来ます。

【飲み物売り場】

【食べ物売り場】

お酒を片手に、ポテトを食べながらの試合観戦がむしろステータス。

正直、日本ではあまりない光景だなぁと感じました。

また会場の真ん中には、大きな芝生と観戦モニターがあります。

そこの木陰で寝転がり、飲みながらのモニターテニス観戦も最高です。

ちくわ達夫婦は、出来る限りテニスを観戦したかったため、5日間の昼食は全て会場内で購入しました。

食べ物

フィッシュ&チップス ¥1200

フィッシュ&チップスとは、オーストラリアでメジャーな、魚のフライポテトフライのセッです。

衣にも味が付いており、カリッとした食感が最高です。

別添えのフレッシュレモンがアクセントで、さっぱり食べれるのが嬉しいです♪

合わせて飲んだSOLOは、オーストラリアでよく売られていたレモンスカッシュです。

日本のものよりも、少々甘めで美味しいです。

ハニーマスタードチキン ¥1800

甘めなハニーマスタードがチキンとの相性がばっちりな1品。

ソースは3種類ほどから選ぶことが出来、辛めが好きな方も楽しめるHOT味もありました。

基本的に会場内で販売されている食べ物は、このようなジャンキーなものがほとんど。

必ずポテトがセットでついていて、ボリュームたっぷりなのがオーストラリア流。

その他、ハンバーガーやホットドッグ、大盛ポテトなども販売していました。

どれも1000円~2000円ほどが相場価格です。

野菜とクリームチーズのナン ¥2000

ちくわは基本的にジャンキーな食べ物が大好きなのですが、さすがに最終日は胃が疲れてきました。

そこで、唯一あった野菜が食べれるお店で食べたものがこちら!

たっぷりのフレッシュ野菜にクリームチーズがのったナンです。

大きめの野菜がシャキシャキしていて、濃厚なクリームチーズが抜群に合います。

ナンももちもちで美味しいですし、味変のレモンも嬉しいサービスでした。

ちくわ
その他、ハーゲンダッツアイスクリームや「SUSHI」と書かれたお寿司のお店もあったよ!まぁわざわざメルボルンで寿司を食べる気にはなれなかったけどね。

飲み物

生ビール ¥1000

ビールは3種類ほどありました。

暑い炎天下で、キンキンな生ビールを飲みながらのテニス観戦は最高です!

ジントニック ¥1200 ポテチ¥700


ジントニックはスッキリ甘めでとても美味しかったです。

ポテチも一緒に購入し、昼間から飲みながらの試合観戦にすっかりはまってしまいました。

昼間っから飲めるのって最高!ただ冷静に考えると、ポテチ700円って高っ!笑 食費だけで、結構使ったなぁ~~。

まとめ

いかがでしたか?

全豪オープンテニス会場の食べ物・飲み物
◎とにかく値段が高い
◎ジャンキーでボリュームのあるものばかり
◎飲みながらの観戦は最高

例えばですが、日本で100円のジュースは、オーストラリアだと500円くらい!

日本で250円のホットドッグは、オーストラリアだと800円くらい!

何を買っても高いということです。

お昼は5日間とも会場内で食べたのですが、レパートリーもいろいろあったため、何とか飽きずに食べることが出来ました。

もし外に出たい場合は、チケットさえ見せれば再入場も可能なので、テニスよりも食事という方は、街に繰り出してもいいと思います。

是非素敵な全豪オープンテニスライフを送ってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)