【初心者必見の1冊】どうしてもブログが書けなくなった私が復活した本

ちくわ
こんにちは!当ブログ管理人、ちくわです!

現在ちくわは産休中。

空いた時間のほとんどをブログにあてている、熱血初心者ブロガーです。

初心者というと、ブログを開始して、数か月と思いきや、実はブログを始めたのは2年前。

よって、正確に言うと、再復活!初心者ブロガーなのです。

フリーのテニスコーチとして働く夫に

ちくわもネットビジネスで稼いでみれば?
と言われたのが、ブログを始めたきっかけでした。

その当時は、結婚式の資金も貯めたかったし、夫はバツイチで養育費の心配もあったし、ただただ、副業で稼ぎたい一心でブログを始めました。

最初の頃は、他の人より知識がある、結婚式に関する記事を気まぐれにUPしていました。(ちくわは、現役のウエディングプランナーです)

最初の数か月は、1PVとか、2PVとか。

思い返すと

ちくわ
あれ、この1って私やん。泣
と自分以外に訪問者はいない状態。

それでも「稼ぎたい、お金が欲しい」の一心で、ウエディングの記事を量産していました。

すると、そこそこPV数も集まってきて、最高1日100PVを記録する日も出てきました。

「もっとPVを増やしたい!」と、ブログを更新し続けました。

しかし、仕事が忙しい時期が続くと、どうしてもブログに割く時間がなくなりました

体力的に疲れると、休みの日に寝たい気持ちが勝ち、ブログを書くことが面倒になっていきました。

そして、ついにはパソコンを開くことすら億劫になりました。

正確に言うと、ブログを放置してしまったからこそ、激減したであろうPV数を見るのが嫌だったからです。

そのまま、私はせっかく始めたブログを1年以上放置し続けました。

すると一時期、1日100PVほどあったブログは、15PVほどに激減してしまいました。

そのPV数を見た私は、より一層ブログを再開することに、嫌気が差してしまったのです。

しかし、頭では「お金を稼ぐ」ことの必要性を強く感じていました。

夫が払い続けていかなければならない養育費のことを考えると、自身が働き続けることはマスト。

もし、子どもを授かったりなんてしたら、時短社員になってお給料が減ってしまう。

ブログは、唯一私が知っていた副収入法でしたし、ブログの可能性も勉強して、ある程度知っていました。

そんな、うだうだ考えている最中に、ちくわは子どもを授かったのです。

ちくわ
ブログ…やらなきゃ、ブログ…書かなきゃ。

頭では理解していても、私はどうしても行動に移すことが出来ませんでした。

パソコンを開くことすら、出来ない日も続きました。

どうしても、携帯でInstagramを見たり、YouTubeに逃げてしまう自分がいました。

いつしかブログは、私の中で、やらなくても他人に迷惑はかけないけど、やらないといけないもの。

つまり、義務を課されているつまらないものになってしまっていたのです。

私は自分のブログモチベーションを復活させるべく、色んな書籍を読みました。

しかし、どの書籍を読んでも、行動にともなうことはなく、読んでおしまいといった始末でした。

このままだと、いつまでたってもブログを始められないし、ダラダラとした産休突入になってしまう。

私は、非常に危機感を感じていました。

頭で理解すればするほど、身体は動かなくなる、厄介な現象に頭を悩ませていました。

そんな、どうしようもない私を救ってくれたのが、今回ご紹介する1冊。

「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる


どんな本を読んでもダメだった私。

しかし、この本を読んだことで、もう一度ブログを再開する気持ちになった、奇跡の1冊。

何度も何度も読み返したせいで、もう私の本はボロボロです。笑

しかし、読めば読むほど、ブログに対するやる気が湧いてくる、とっても不思議な本なのです。

こんな方に是非読んでほしい
〇これからブログを始めようと思っている人
〇ブログを始めたがなかなか継続出来ない人
〇ブログを以前していたが放置している人
〇ブログを再開するためのきっかけが欲しい人
〇ブログの可能性を知りたい人

そんなブログパワーが永久に続く、必須ガソリンが欲しい方にオススメの1冊です。

作者:立花岳志(たちばなたけし)さんについて

Yahoo!参照

1969年、東京都のご出身。

年間1000万PVを誇るブログ「No Second Life」を運営。

会社員の傍ら始めた上記ブログが人気を集め、41歳の時にブロガーとして独立。

ブログを軸にした個人の情報発信とともに、本の出版・セミナー講師・企業研修・コンサルなど、幅広い分野で活躍されています。

本を出版された2018年時には、奥様と共同経営をされていましたが、2018年末に離婚。

一見ネガティブにとらえられる情報も、包み隠さず開示し「あるがままに生きる」ことの素晴らしさを提唱されています。

今回の書籍のみならず、「サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法」「ノマドワーカーという生き方」など多数出版。

「人生は一度だけ。二度目の人生はない。だからこそ一度だけの人生をしっかり行きたい」が座右の銘で、ブログ名「No Second Life」ともリンクしている。

作品について

ジャンル

この本は、ブログ運営のノウハウ本とは違います。

よって「ブログのPV数を増やす方法」「記事タイトルの付け方のコツ」「稼げるジャンルパターン」等、具体的How to を知りたい方には、少々物足らないかもしれません。

なぜなら、上記を知りたいポテンシャルMAXな方は、もうすでに「ブログに対してのやる気が高まっている」「ブログの可能性を理解していて、身体がうずうずしている方」だからです。

この本を読むべき人は、先ほどもご紹介した通り、ブログが書けず、まだその可能性や魅力を十分身体に刷り込まれていない人です。

この本の魅力ポイント
〇ブログの可能性を徹底的に説いている点
〇ブログをコツコツ続けるために最も大事な鉄則が書かれている点
〇ブログをし続けると人生が劇的に変わることを体験談をもとに立証している点

読んだ後は、不思議とブログが書きたくなってきます。

また、自分の書くべきブログ記事の方向性がクリアになっていることに気づきます。

ブログを書くことが、あれほど億劫だった私が、この本の第3章を読んだ辺りから、自然とパソコンを開けるようになりました。

よって、ジャンルを語るのであれば、少々自己啓発本に近いのかもしれません。

出版の経緯

著書の立花さんは、38歳からブログを始められました。

そこから「人生を劇的に変えたい」という思いで、ブログを始めたところ、徐々に人気を集め、41歳でサラリーマンを辞めて独立し、プロブロガーに転身。

その後、本の出版、セミナー講座の運営、心理カウンセラーと幅広く活躍。

2016年当時の本拠地、六本木の他に鎌倉にも家を構え、いわゆるデュアルライフを実現され、場所や時間に縛られない、とても自由で、心身ともに豊かな生活を送られています。

そんな、ブログとSNSによる「個人の情報発信」の可能性を伝えたい。

かつ、誰でも好きなことを仕事にしてお金持ちになることは、誰しもに開かれている道だということを示したい思いから、この本を出版。

専業主婦だろうが、引きこもり中の人だろうが、情報発信(ブログ)で人生を劇的に変えることができることを、自身の体験談を交えて紹介してくれている一冊です。

この本の概要

著者の立花さんは、ブログを始める前までは、借金にまみれ、105㎏の肥満体をもてあます、無名のサラリーマンだったそうです。

Yahoo!参照

そんな肥満体から脱出するため、毎日のランニングを習慣化したいと思い立ち、ブログに「ランニング日誌」を書き始めました。

もちろん最初は、おデブの肥満体がドテドテ走っただけの、ただのランニング日誌。

誰からも見られることはありません。

理由は素人目にも簡単!

誰も興味がないからです。

しかし、立花さんは1日たりとも欠かすことなく、走ってはその記録をブログに書き続けました。

普通の感覚なら、1PVも見られないブログなんて、もう嫌になって挫折してしまっても不思議ではありません。

それがのちに、立花さんの頑張りに共感・応援してくれる人が現れたり、得意のiphoneやMacのアプリとランニングをコラボさせることで、興味・関心を示してくれる人が増えたり、ブロガーとしての成功をおさめていくことになります。

ここでのポイントは、立花さんは、1PVも集められない初期の頃も、決してブログを辞める気にはならなかったこと

理由はこれ。

「ま、いっか。好きなことやってるし」

この「ま、いっか」が言える状態というのが、
実は最強なのだと、立花さんは語ります。

ブログというのは、短期間では成果が出にくいという特徴があります。

コツコツと長く続けていくことで、アクセス数も増え、収益も上がってきます。

これは、ブログを始めた人が、分かっていそうで、実は分かっていない。

正確には、分かりたくない部分でもあります。

どうしても、ブログを始めたからには「PVを集めたい」「収益を上げたい」と思うのが普通です。

しかし、ブログを書く理由が、損得勘定だけに頼ると、上手くいかなかった時に、どうしても嫌になってしまい、結果投げ出してしまいます。

私のように、ブログを放置してしまった人や、自然とやめてしまった人は、これが原因のほとんどではないかと思います。

ではどうするか?

「ま、いっか」と思える最強な状態を作るためには、とにかく好きなことを書くのです。

損得というのは、意識のうち、たった5%しかない顕在意識からうまれます。

それに比べて、好き・ワクワク・楽しいというのは、意識のうち、95%を占める潜在意識からうまれます。

「好きに理由はいらない」「ワクワクが止まらない」という表現がある通り、95%の潜在意識が本能を全力で後押しするため、猛烈なパワーを発揮します。

よって、好きなことをブログの記事にすることによって、たとえPV数が上がらなかったとしても、書くこと自体が楽しいので、やる気が枯渇しにくいのです!

私はこの本を読んだときに、どうして自分がブログを書けなくなったのかが分かりました。

それは、ブログ更新を「稼ぎたい」という損得勘定だけでしばり、さらには「稼がなきゃ」といった義務感で縛り付けていたからです。

また記事内容も、仕事柄ウエディングの知識を書くしか選択肢がないと思っていたので、「書きたい記事」ではなく「書くべき記事」を選んでしまっていたことも原因でした。

この本のタイトルは「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくるでしたよね?

つまり、この本から得られる最も大切な教訓とは「自分が好きなこと・本当にワクワクすること」を「ブログ」で書き続けた時「確実に稼げる」ということ。

基本的なことですが、最もブログ運営で大切で、見失いがちなことを、私はこの本で再認識させてもらったのです。

この本を読み終えての感想

ちくわは、産休前にこの本に出会いました。

今思うと、非常にラッキーで幸運だったと感じています。

なぜなら、今仕事がお休みで時間がある今だからこそ、ブログを再スタートするには非常にいい時期だからです。

あのまま、ブログを書く気が起こらなかったとしたら、今お家で何をやっているのか恐ろしい限りです。

きっと、お昼過ぎに起き、無制限にSNSを見て、飽きればYouTubeに浸るという、生産性のない毎日を送っていたことでしょう。

また、この本では、SNSで仲間をつくる大切さについても書かれています。

私はこの本を読んだ後、早速放置していたTwitter@planner_chikuwaを再開しました。

すると、その先の目的は違えど、ブログで稼げるようになりたい目標をもつ全国の方々をつながることができました。

人間はどうしても意思の弱い生き物です。

好きなことでも、少々面倒だと思った瞬間、怠けてしまうもの。

しかし、顔は知らずとも同じ同志を抱く仲間と一緒なら、頑張れる。

もし、ブログを頑張るエンジンをさらに得たい人は、SNSで仲間を募ることをおススメします。

まとめ

いかがでしたか?

ブログを始めたけど、なかなか継続出来くて困っている人や、私のように一度挫折をしてしまった人に読んでもらいたい1冊です。

また、これからブログをスタートする人が、途中で諦めてしまわないように読んでほしい1冊でもあります。

ポイントは自分の「大好き」「ブログ」にすること。

よって、当ブログでは、お役立ち情報という軸はぶらさず、ちくわ自身が好きなコンテンツを展開していくことに決めました。

大好きな夫のこと。

大好きなテニスのこと。

これから生まれてくる大好きな娘のこと。

義務感にさいなまれることなく、たとえPV数が上がらなくても「まぁ、いっか」と思えるような、ブログ活動を続けていきます。


是非、ブログを長く続けて、絶対に稼ぎたい!絶対に成功したい!と思っている方は、読んでみてはいかがでしょうか?

人生を劇的に変えるための、永久的なエネルギーを手に入れられること間違いなしです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)