【全米オープンテニス観戦記】持ち込めないカバン・手荷物紹介!

ちくわ
こんにちは!当ブログ管理人、テニス大好きちくわです!
どうも!ちくわの夫、ふーしゃんです!現役でフリーのテニスコーチをしております。よろしくな!

本日のブログは、全米オープンテニスにおける、会場内に持ち込めないカバン・手荷物について書いていきます。

全米オープンは、会場に入る前のセキュリティーチェックがかなり厳しいです。

ちくわ達夫婦は、同じく四大大会の全豪オープンにも行ったことがあるのですが、その比ではないくらい、細かく中身まで確認されます。

貴重な試合を逃さないためにも、スムーズに会場入りが出来るよう、必ず事前に確認しておきましょう!

全米オープンテニス【セキュリティーの様子】

全米オープンテニスのセキュリティーチェックは超厳戒態勢です。

セキュリティー係のスタッフも多いですし、飛行機の搭乗チェックレベルで厳しいです。

万が一、持ち込めないカバンで来てしまったり、持ち込めない手荷物があった場合は、別併設のテントに有料で預けることも出来ます。

上記写真の奥に映っている男性は、持ち込めないカバンである、テニスバッグで来てしまい「テントに預けてこい」と言われているのが分かりますよね?

しかし、何より最悪なのは、もし別テントに預けに行った場合、この長蛇の列を再度並び直さねばなりません。

セキュリティーが厳重ゆえ、チェックに時間がかかるので、会場に入るだけで、軽く1時間ほどかかった日もありました。

ちくわ
全米オープンテニスの開催は、8月末!とにかく日差しがキツくて、日中は暑かったよね…。
列がすごくて、あ~~錦織の試合が始まる~~って、すごい焦ったよな!!

もしお目当ての試合がある場合は、時間に余裕を持って到着するようにしましょう!

そして、カバン・手荷物のミスで、再度並びなおしにならないよう、以下持ち込めないものをしっかり確認をしておきましょうね!

全米オープンテニス【カバン】

OKカバンとNGカバン

上記の写真をよく見てください。

簡単に言うと、大きいカバンは問答無用で持込NGだということが分かります。

日本でよく若者が身につけている、大容量の黒リュックなどもNGです。

ただし、リュックではなく、ナップサックのようなものはOKです。

会場内のお土産ショップには、いくつかナップサックが販売されていたので「適当なカバンがない〜」という方は、現地購入するのもオススメですよ!

実際に使用したカバン

ちなみにちくわと夫は、このカバンで会場に入りました。

貴重品・日焼け止め・化粧ポーチなど、必要最低限のものが入るサイズです。

会場はとても広く、移動が必須だったため、小さめ&肩掛けにすることでスムーズでした。

どうしても荷物が多いという方は、これに現地購入したナップサックを肩に背負えば、バッチリですよ!

俺は、現地でお土産をいっぱい買ったから、帰りは両手ふさがっちゃった!だから、これくらい身軽なカバンがちょうど良かったよ!

全米オープンテニス【手荷物】

NG手荷物

セキュリティーチェック前に、このようなNG手荷物看板が立てられています。

しかし、列に並び始めてからではどうしようもないので、ホテル出発時に必ず確認するようにしましょう。

絵で見てもらうと理解できるかと思いますが、NG手荷物は以下の通りです。

NG手荷物
バッグパック、クーラーボックス、段ボール、ビンや缶、スプレー、アルコール、ビデオカメラ、パソコン、食べ物、武器、動物、国旗、レーザーポイント、テニスラケット、ドローン、セルカ棒

上記のものが、1つでも入っていると、問答無用で会場入りは出来ません。

盲点なNG手荷物

ちくわと夫も、ホテルでしっかり手荷物を確認した後「完璧!」と思いきや、何度かセキュリティーで止められてしまいました。

以下、実際にNGだった盲点な手荷物を紹介します。

◆会場外で購入した飲み物

水であってもNGです。

ただし、封が開いていないペットボトルであれば、スタッフによっては通してくれることもあるようです。

基本は、会場内で飲食出来るのは、会場内で販売されているものに限ると思ってください。

◆スプレー式の日焼け止め

日本でせっかく購入していったのですが、スプレーがNGなために、セキュリティー時にひっかかり、捨てるか預けに行けと言われました。

再度列に並び直すのも嫌だったので、その場で泣く泣く捨てました。

ちくわ
あ~せっかく奮発してアネッサの日焼け止めだったのに。残念過ぎた。

◆ipad

実際に持参して止められた訳ではありませんが、夫と相談してホテルに置いていきました。

会場を見渡しても、端末機を触っている人はひとりもいなかったので、おそらくNGです。

ipadはさすがにその場で捨てることも出来ないから、ホテルに置いておくのが無難だね!

ちなみに、WiFiの機械は大丈夫だったので、ご安心ください。

◆応援の自国国旗

国旗を持込NGにしているだけあって、確かに全米オープン会場で、大きな旗を持参している人はいませんでした。

試合がもつれてくると、観客もヒートアップしてくるので、国間のトラブルを避けるためでしょう。

ただ、顔に小さく日の丸をペイントしたり、国旗が入ったハチマキをこっそりしている人はいました。

◆セルカ棒

NG手荷物にも書いてはいますが、これは盲点ですよね。

正直ちくわも持参したかったものの1つでした。

セルカ棒に関しては、全豪オープンでは持ち込みOKだったので、やっぱり全米オープンが厳しいのが分かります。

まとめ

いかがでしたか?

全米オープンテニスのカバン・手荷物
◎小さめのカバンを用意すべし
◎ナップサックは会場内でも購入可
◎持ち込めない手荷物を確認してからホテルを出発すべし
◎特に盲点な手荷物は要注意

ちくわ達も、当初はリュックで会場入りする予定でした。

しかし、前日にたまたま荷物について調べたところ、持ち込めないものが発覚したという流れでした。

見たい試合を逃さないためにも、必ず万全な体制でセキュリティーに臨みましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)