【全米オープンテニス観戦記】チケットは前日ネット購入3つの理由!

ちくわ
こんにちは!当ブログ管理人、テニス大好きちくわです!
どうも!ちくわの夫、ふーしゃんです!現役フリーテニスコーチです!よろしくな!

私たち夫婦は、新婚旅行を兼ねて全米オープンテニス2019を実際に現地で観戦してきました。

そんな私たちの経験をもとに、チケットを購入すべきベストなタイミングとベストの購入方法について伝授していきます。

先に結論をお伝えすると、チケット前日ネット購入がベスト!

つまり、事前に日本では購入せず、現地で購入すべきだということです。

ちくわ
チケットについては、事前に日本で購入していくべきか、それとも現地で購入するか、とても迷ったよね!
そうそう!お目当ての選手の試合は確実に観たいけど、チケットが売り切れだと最悪だし、すごい悩んだよな!

ちくわ達夫婦は、テニスが大好きで、プレーを観戦したい選手が大勢いました。

フェデラー、ナダル、ジョコビッチはもちろん、チリッチ、ズべレフ、ワウリンカにモンフィス…etc。

特に錦織圭の試合は最前列で観戦したいという欲張りぶり!

あがよくば、少しでもチケット代をおさえて、お得に済ませたい。

そんな観たい選手を、観たい場所で、適正価格で観戦するためにも、チケット購入は現地で前日にネットで購入が必須なのです。

その理由は3つ!

全米オープンテニスを観戦予定の方は是非ご覧ください。

こんな方に読んでほしい
◎チケットを日本で買っていくか悩んでいた
◎観戦したい選手を逃したくない
◎チケットの値段は出来るだけ節約したい

試合スケジュール発表は前日の15時

これが現地購入を勧める最も大きな理由です。

実はどの選手が、どのコートで試合になるのかは、前日まで分からないのです。

さらに厄介なのが、全米オープンテニスのチケットは、昼のチケット(Dayチケット)と夜のチケット(Nightチケット)に分かれていること。

もし事前に日本で、昼のチケットを購入していたとして、お目当ての選手が夜の試合に組まれてしまうと、観戦することが出来ないのです。

よって、お目当ての選手昼と夜のどちらどのコートで試合なのかを確認してからチケットを購入することで、買いなおしを防げ、結果節約につながるということです!

そして、注目すべきは、前日に発表される時間!

多少前後はありますが、発表は前日の15時頃!

ちなみに、大会初日の試合は、選手の段取りもあるとうことで、もう少し早いタイミングで発表されていました。

そこでオススメなのが、全米オープンテニスの公式アプリ!

そのアプリでチケットも購入出来ますし、全ての試合スケジュールが確認出来ます。

さらに、全米オープン会場には、練習用コートがあるのですが、このアプリがあれば、どのコートでどの選手が練習するかも分かります。

全米オープンテニスを全開で楽しみたい方は、日本で事前にダウンロードしておきましょう!

観戦シートが多く売り切れの心配なし

全米オープンの会場はとにかく広く、そのスケールの大きさに驚かされます。

1番大きいアーサー・アッシュ・スタジアムの収容可能人数は約22000人。

2番目に大きいルイアーム・ストロング・スタジアムは約10000人。

3番目に大きいグランドスタンドコートは約6000人。

よって、会場の規模が広いだけでなく、観戦シートも数多く用意されています。

ちくわ達夫婦は、2018年に同じく四大大会の1つ、全豪(オーストラリア)オープンを観戦しましたが、さすが世界No.1大国アメリカ!

会場の大きさは比べものになりません。

ちくわ達夫婦は、全米オープンテニス本戦の、初日~5日間ほど観戦したのですが(1回戦~3回戦)、試合スケジュールが発表された直後の前日15時~16時の間に、ネットでチケットが売り切れていることはありませんでした!

また、実際に後ろの方の席であれば、空席もあったので、このスケジュールで観戦される方は、前日であれば、席が満席で観戦出来ないことはないです。

ただし、観戦シートが空いているとはいえ、時間が過ぎるにつれて、チケットの値段もどんどん上がっていきます!

「鉄は熱いうちに打て!」

ちくわ達は、ある程度の作戦を練った状態で、15時の発表があった直後にネット購入をすることで、無駄なくお目当ての選手のチケットを購入することに成功しました。

雨の場合は払い戻しがない

全米オープンテニスのコートで、雨が降っても観戦できるコートは、1番大きいアーサー・アッシュ・スタジアムと2番目に大きいルイアーム・ストロング・スタジアムのみです。

3番目に大きいグランドスタンドコートや、その他野外コートには屋根がないため、雨の場合は中止になってしまいます。

実際、ちくわ達夫婦も5日間の観戦スケジュールの中で、1日だけ雨予報の日がありました。

ちくわ
(前日の15時) ふーしゃんどうする?明日は終日雨っぽいよ?

そこで相談した結果、雨でも試合が実施される、アーサー・アッシュ・スタジアムのチケットを購入し、バッチリテニスを観戦をすることが出来ました。

ちなみにこの日のグランドスタンドとその他野外コートの試合は中止され、次の日に順延されていました。

Yahoo!参照

ただ、この日は朝だけ曇っており、最初の2時間ほどは試合が実施されていたので、チケット費用の払い戻しはなかったそうです。

全米オープンのチケットはとにかく価格が高いです!

なくなく損にならないためにも、前日にしっかりお天気を確認し、慎重に選びたいものです。

「当日」に「チケット売場」で購入すると?

それでは「前日にネット購入」ではなく「当日に会場のチケット売り場で購入」するとどうなるのか?

実は、ちくわ夫婦は5日目に大失敗をおかしましたので、同じ失敗を皆さんがしないよう、その経験談を記載しておきます。

ちくわ
せっかくだから、ネットじゃなくて、会場のチケット売り場でも購入してみたいね!
そうだね!明日は午前中しか観戦出来ないし、入場券だけでいいから、会場のチケット売り場に行ってみよう!

この日は、午前中に錦織がグランドスタンド・コートで試合をする予定でした。

よって、ちくわ達的には、1番価格の安い入場券だけの購入で良かった(入場券さえ買えば、グランドスタンド・コートの自由席は観戦可能)という訳です。

そして、そのままネットでチケットを購入せずに現地に行ったところ……。

なんと、ルイアーム・ストロング・スタジアムの値段がめちゃくちゃ高い席のチケットしか販売していなかったのです。

他は全て売り切れで、もちろん入場券も販売していない。

これにはちくわ達夫婦は大パニック!

すかさずネットで購入をしようとするも、アクセスが集中し過ぎて、なんとサイトが動かない!

よく見ると周りには、チケットが購入出来ず、携帯とにらめっこしている人であふれていました。

しかし、錦織の試合を見るためには、ルイアーム・ストロング・スタジアムの値段の高いチケット(これを買えば、アーサー・アッシュ・スタジアム以外の試合は観戦可能)を買うしかなかったのです。

ちくわ
錦織は無事見れたけど、ルイアームに行く時間もなかったのに、すごい高いチケットを買わなければならないのは、大失敗だった…。しかも値段もめちゃ高かった…。悔しい…。

よって、観戦チケットは必ず前日にネット購入しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

チケットを前日ネット購入する理由
◎試合スケジュール発表は前日の15時
◎観戦シートが多いため前日でも売り切れる心配がない
◎雨の場合払い戻しがない
◎当日の会場チケット売り場では買えない

アーサー・アッシュ・スタジアムの昼と夜のチケットさえ買えば、全部見れるんだから、日本で全部そのチケットを買えばいいじゃん!と思われる方もいるかもしれません。

しかし、何度も言う通り、全米オープンのチケットは、価格がすごく高いです。

もちろん、全ての試合が観戦可能な、アーサー・アッシュ・スタジアムのチケットが最も高い!

ちなみに、俺たちが全米オープン初日に購入した、アーサー・アッシュ・スタジアムはナイトチケットだけで8万円だったぞ!まぁセレナvsシャラポワっていう好カードだったから仕方ないけどな!

出来る限り節約しつつ、賢くお目当ての選手を観戦するためには、前日にネット購入がベスト!

是非参考にしてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)